Translucent Objects and Spaces

We designed the interior of a beauty salon near Hon-Kugenuma Station in Fujisawa City. The site is located on a semi-basement level surrounded by tall condominiums, and sunlight only comes in for a short period of time during the year. Therefore, we created a pale, soft, homogeneous light by bouncing the little light that falls in the garden off the aluminum louvers in the ceiling. We wondered if we could create an extraordinary space that could only be found in this location.


The aluminum louvers floating on the ceiling are a material with high reflectivity, though not as high as mirrors. By reflecting the existing concrete surrounding the space, the louvers blend in with it, but at the same time assert themselves as an object, becoming a translucent cloud-like presence.

The walls and floors are partially covered with wood cement board and flexible board to create a color tone similar to the existing concrete. By using similar colors, we were able to create a variety of textures while blending into the small space and creating an expansive feeling in the room. In addition, the furniture and restrooms are made of larch plywood, and only the small edges are painted silver. The transparency of the reflective silver color cancels out the small edges that show the characteristics of plywood, a material made by laminating, and highlights the superficiality of the plywood.

 

The beauty salon is a place that is formed through events that occur "on the other side" through the mirror, creating a translucent space with the duality of "here" and "the other side (fiction)". And the various gray materials mentioned above have two contradictory functions: a textured superficiality and a transparency that allows the viewer to see through to a sense of depth. This can resonate with the unique spatiality of the beauty salon. By scattering the dual expressions of presence as an object and transparency of another place in the space, we hope that the space will become a place (beauty salon) where we can find a new self (fiction) that we have not yet seen.

半透明なモノと空間

藤沢市本鵠沼駅の近くにある美容室の内装デザインをした。敷地は高いマンションのに囲われた半地下階にあり、日光が入るのは1年の内わずかな時間だけであった。そこで、庭に落ちるわずかな光を天井のアルミルーバーへバウンドさせることで、反射光による淡く柔らかい均質な光を生み出した。そしてこの場所にしかない、非日常的な空間を作り出せないかと考えた。

この天井に浮かぶアルミのルーバーは鏡ほどではないが高い反射率を持つ素材である。周辺の既存のコンクリートを映し込むことで溶け合いながらも、モノとして主張し、半透明の雲のような存在となる。

壁や床は一部をふかし、既存コンクリートに近い色味となるよう木毛セメント板やフレキシブルボードで覆っている。似たような色味で作ることで、狭い空間に溶け込み部屋の広がりを生み出すと同時に、様々なテクスチャーを作りだすことができた。また、家具やトイレなどの空間はラーチ合板でつくり、小口のみをシルバーにペイントしている。合板という積層されて作られた素材の特徴をあらわす小口を、反射するシルバーの透明性でキャンセルして、合板というモノの表面性を際立たせている。

 

そもそも美容室という場所は、鏡を通した「向こう側」で生まれた出来事を通して成り立つ場所であり、ここと「向こう側(虚構)」の二重性を持つ半透明な空間をつくり出していると考えられる。そして、上記の様々な灰色の素材は、テクスチャーのある表面性と透けて奥行きを感じる透明性の矛盾した2つの機能を持っている。これは、美容室という独特の空間性と共鳴することができる。モノとしての存在感と別の場所を透かしあらわす二重の表情を、空間の中に散りばめることで、まだ見えない新たな自分(虚構)を見つけるための場所(美容室)となることを期待している。