半透明なモノと空間

藤沢市本鵠沼駅の近くにある美容室の内装デザインをした。敷地は高いマンションのに囲われた半地下階にあり、日光が入るのは1年の内わずかな時間だけであった。そこで、庭に落ちるわずかな光を天井のアルミルーバーへバウンドさせることで、反射光による淡く柔らかい均質な光を生み出した。そしてこの場所にしかない、非日常的な空間を作り出せないかと考えた。

この天井に浮かぶアルミのルーバーは鏡ほどではないが高い反射率を持つ素材である。周辺の既存のコンクリートを映し込むことで溶け合いながらも、モノとして主張し、半透明の雲のような存在となる。

壁や床は一部をふかし、既存コンクリートに近い色味となるよう木毛セメント板やフレキシブルボードで覆っている。似たような色味で作ることで、狭い空間に溶け込み部屋の広がりを生み出すと同時に、様々なテクスチャーを作りだすことができた。また、家具やトイレなどの空間はラーチ合板でつくり、小口のみをシルバーにペイントしている。合板という積層されて作られた素材の特徴をあらわす小口を、反射するシルバーの透明性でキャンセルして、合板というモノの表面性を際立たせている。

 

そもそも美容室という場所は、鏡を通した「向こう側」で生まれた出来事を通して成り立つ場所であり、ここと「向こう側(虚構)」の二重性を持つ半透明な空間をつくり出していると考えられる。そして、上記の様々な灰色の素材は、テクスチャーのある表面性と透けて奥行きを感じる透明性の矛盾した2つの機能を持っている。これは、美容室という独特の空間性と共鳴することができる。モノとしての存在感と別の場所を透かしあらわす二重の表情を、空間の中に散りばめることで、まだ見えない新たな自分(虚構)を見つけるための場所(美容室)となることを期待している。